高尿酸血症

【高尿酸血症とは】

tsufu

高尿酸血症とは、尿酸値が7.0を超えた状態です。尿酸値は高ければ高くなるほど痛風の発症リスクが高くなります。具体的には、尿酸値と痛風発作リスクは上記グラフのように、尿酸値7.0以上で5年間累積発症率2%、8.0以上で4%、9.0以上で20%、10.0以上で30%と、尿酸値が高ければ高いほど痛風発作リスクが上がります。尿酸値が9.0を超えたところで急に痛風発作リスクが跳ね上がるため、「高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン」では、尿酸値が9を超えたら痛風予防のために高尿酸血症を治療しましょうという目安になっています。痛風発作予防のための治療目標値は尿酸値7.0未満です。

【高尿酸血症の治療方針】

(1)尿酸値が7.0を超えていない方→そのまま何もしなくて問題ないです。

(2)尿酸値が7.0を超えていて、痛風を予防したい方→痛風発作予防のため尿酸値を下げる治療します。

(3)尿酸値が7.0を超えていているが、腎機能障害もなく特に痛風発作を予防したいと思っていない方→そのまま年に一回程度尿酸値をチェックするなど経過観察で構いません。

痛風発作も起こした場合「風が吹いただけでも痛い」とよく言われるくらい激痛なのですが、とにかく痛いだけで痛風発作で直接命に関わることはありません。この点が他の心血管疾患リスクとなる生活習慣病とは明確に異なる点です。高血圧症、脂質異常症、糖尿病などの生活習慣病は心血管疾患のリスク因子であり、今特に症状がなくてもそのまま放置すると心筋梗塞や脳卒中など命に関わるため早期から適切に治療する必要があると医師、特に循環器内科医は考えますが、合併症のない純粋な高尿酸血症に関してはどれくらい痛風発作を予防したいか次第で治療方針を決めていただいて構いません。

【高尿酸血症の食事療法】

高尿酸血症の食事療法はプリン体の過剰摂取を控えることです。実は尿酸値に対する食事の影響は2割程度で、尿酸値が上がりやすい体質のほうが影響が大きいなどとわかって来ていますが、食事の分は食事療法によって改善するので食事療法を行うメリットはあります。尿酸は食物の中のプリン体という成分が原因ですので、プリン体の過剰摂取を控えることが高尿酸血症の食事療法になります。プリン体は遺伝子のもとである核酸という言われる物質の成分で、細胞分裂や代謝が活発な肝臓や遺伝子の固まりである卵などに多く含まれます。干物や燻製などにも多く含まれています。美味しいおつまみが多くて困ってしまいます。

プリン体の多い代表的な食品:うに、イクラ、タラコ、鶏レバー、イワシ干物、白子、あん肝、豚レバー、牛レバー、もつ、数の子、カツオ、イワシ、エビ、アジ干物、サンマ、他

http://ochanai.com/wp/wp-content/uploads/2016/08/purin.jpg

お酒はビールなどプリン体の多いお酒には注意です。同じ缶ビールでもプリン体含有量は結構差があるようです。またアルコール自体にプリン体含有量に関わらず尿酸値を上げてしまう作用があると言われているのと、美味しいおつまみメニューにはどうしてもプリン体の多く含まれるメニューが多くなってしまうことが多いので、いずれにせよ飲み過ぎ食べ過ぎには注意です。また水分摂取量が少ないと尿酸排出量も減って尿酸値が上がりやすくなりますので、特に夏場で汗をたくさんかく時期などには、アルコール以外、水やお茶など糖分の多く含まれない飲み物で十分な水分摂取を心掛けましょう。

適度な運動、体重減量も尿酸値を下げる効果があるのと他の生活習慣病予防のためにも運動不足であれば運動をしましょう。

【高尿酸血症の薬】

高尿酸血症の薬は尿酸値を下げる薬です。尿酸低下薬には尿酸生成抑制薬と尿酸排出促進薬の二種類があり、適宜病態に合わせて使いますが、尿酸排出促進薬には尿路結石などの合併症リスクがあるため、尿酸生成抑制薬から使われることが多いです。また、尿酸値の急激な変動が痛風発作のリスクを上げると言われているため、痛風発作が起きている最中には尿酸低下薬は使わずに、痛風発作の症状が落ち着いてから尿酸値を下げる治療を始めていきます。

・ザイロリック(アロプリノール)、フェブリク(フェブキソスタット)、尿酸の生成をブロックし、尿酸値を下げる薬です。尿酸値によって量を適宜調整します。

・ユリノーム(ベンズブロマロン)、ベネシッド(プロベネシド)、おしっこへ尿酸の排出を促進して尿酸値を下げる薬です。尿中の尿酸濃度が高まるので尿酸結石のリスクがあります。尿酸は酸性で結石を作りやすい性質があるので、ほとんどの場合、尿をアルカリ化して尿酸結石を予防する薬、ウラリット(クエン酸カリウム、クエン酸ナトリウム配合剤)と併用で使います。

・ボルタレン(ジクロフェナク)、ロキソニン(ロキソプロフェン)など、痛風発作を起こしてしまった場合、痛風発作の痛みは消炎鎮痛薬で治療します。痛風発作の痛みはとにかく激痛なので、激痛が収まるまで炎症を強力に押さえるプレドニン(プレドニゾロン)などのステロイド薬を適宜使うこともあります。昔から痛風発作の予兆期に使うコルヒチンという薬もあります。いずれにせよ、痛風発作の症状が落ち着いた頃に一度尿酸値をチェックし、値によっては尿酸を下げる治療を始めていきます。

全ての薬には副作用がありますが、主治医はデメリット、メリットを総合的に考えて一人ひとりに最適な薬を処方しています。心配なことがあれば何なりと主治医またはかかりつけ薬局の薬剤師さんまでご相談ください。


 

PAGETOP