甲状腺機能低下症

【甲状腺機能低下症とは】

甲状腺機能低下症は、甲状腺ホルモンが足りないで、様々な症状が出る病気です。女性に多く、日本では珍しい病気ではありません。症状が漠然としていて、症状は年単位でゆっくりと起こる変化であるため、病気の症状だと自覚していないことも多く、潜在的に多くの患者さんがいるものと考えられます。発症の時期が中高年、更年期に重なることも多いことから、歳のせい、更年期のせい、など見逃されていることが非常に多いです。

【甲状腺機能低下症の症状】

甲状腺機能低下症の症状は多彩です。下記に甲状腺機能低下症と甲状腺機能亢進症の症状をまとめました。甲状腺ホルモンはざっくり言うと全身の活発さに関わるホルモンです。甲状腺ホルモンが足りないと、全体的に元気がなくなります。

甲状腺

具体的には、むくみ、寒がり、平熱が低い、皮膚の乾燥、声のかすれ、疲れやすい、集中力が落ちた、眠気、便秘がち、太りやすくなった、などの漠然とした症状で、検査をすると甲状腺機能低下症が原因であった、ということがわかることがしばしばあります。全身の代謝が落ちるので、健診で中性脂肪やコレステロールが高いと指摘されたのをきっかけに甲状腺機能低下症が見つかる例もあります。また精神的な活発さも低下するので、気力がない、集中力がない、元気がない、もの忘れなどの漠然とした精神的な不調の症状のこともあります。甲状腺ホルモンは心臓の脈の調節にも関わっているホルモンで、循環器内科には、脈が遅くなった、動悸を感じるという症状で、調べていくうちに甲状腺機能の異常であったとわかることもあります。一方で、甲状腺機能低下症の症状はどの症状もはっきりと決め手になる症状が少なく、症状は年単位で非常にゆっくりと起こるので、本人も病気の症状であると自覚していないことは多いです。その場合、治療後に甲状腺機能低下症の症状があったことに気付くということも珍しくありません。

【甲状腺機能の検査】

甲状腺機能は採血検査で調べます。まずは、甲状腺ホルモン(fT3、fT4)と、甲状腺刺激ホルモン(TSH)を調べます。甲状腺機能の異常の原因として橋本病を疑う場合、抗甲状腺ペルオキシダーゼ抗体(TPOAb)、抗サイログロブリン抗体(TgAb)、バセドウ病を疑う場合、抗TSH受容体抗体(TRAb)を追加して調べることもあります。橋本病やバセドウ病など一般的な甲状腺の病気以外を疑う場合、甲状腺悪性腫瘍の除外が必要だと考えられる場合には必要に応じて甲状腺の専門病院にて精密検査をお願いしています。甲状腺の病気は、甲状腺の病気の家系、家族性があることが知られており、よく聞いてみたらお母様やおばあちゃんも実は甲状腺の病気であったということが少なくありません。

【甲状腺機能低下症の治療】

甲状腺機能低下症の治療はシンプルで、足りない分の甲状腺ホルモンを補充する治療で、甲状腺ホルモン補充療法と言います。

・チラーヂン(レボチロキシン)、甲状腺ホルモン補充療法のお薬は一種類しかありません。甲状腺機能低下症の診断が付いた後は、どれくらい甲状腺ホルモンが足りていないかは個人によって違うので、甲状腺機能(TSH、fT3、fT4)の値を適宜チェックしながら、ちょうどよい甲状腺ホルモン補充量を決めていきます。チラーヂン(レボチロキシン)には、12.5μg錠から、25、50、75、100μg錠とあるので、そのうちのどれかまたはその組み合わせでちょうどよい補充量が必ず見付かります。ちょうどよい補充量が見付かった後は、その量で甲状腺ホルモンの補充を継続し、半年に一回、年に一回程度の頻度で適宜甲状腺ホルモンの補充量がちょうどよいかどうかチェックします。

基本的に体内に生理的にあるホルモンですので安全なお薬ですが、補充量が多過ぎると、甲状腺ホルモンが多くなり過ぎ、甲状腺機能亢進症と同じ症状が出ます。その場合は甲状腺ホルモンの補充量を適宜減らすなど調整すれば大丈夫です。

【潜在性甲状腺機能亢進症】

甲状腺機能検査の結果、甲状腺ホルモン(fT3、fT4)低値でかつ甲状腺刺激ホルモン(TSH)高値の状態を(顕在性の)甲状腺機能低下症と呼びます。甲状腺ホルモン値(fT3、fT4)は基準範囲でかつ甲状腺刺激ホルモン(TSH)のみ高値の状態を「潜在性甲状腺機能低下症」と呼びます。潜在性甲状腺機能低下症の場合は、経過観察しながら、必ず治療が必須という訳ではありませんが、甲状腺の自己抗体が陽性の場合、潜在性甲状腺機能低下症は(顕在性の)甲状腺機能低下症の前段階ということが言われており、甲状腺刺激ホルモンが高値ということは甲状腺ホルモンが基準範囲でもその人にとって甲状腺ホルモンが足りていないという場合が多く、甲状腺機能低下症の何らかの症状を伴い、その症状で日常生活に支障が出ているような場合は、甲状腺機能低下症と同じく治療することが多いです。主治医とよく相談しましょう。

【甲状腺機能低下症と妊娠】

甲状腺ホルモンは正常な妊娠、胎児の成長にも関わるホルモンです。甲状腺機能低下症は不妊症や流産に関係することが最近はわかって来ています。妊娠中や妊娠を計画されている場合、妊娠中は甲状腺ホルモンの必要量が増えるので、不妊症や胎児の正常な発育のために甲状腺ホルモンの補充のため治療します。一般的に妊娠中の薬はほとんどの場合、有害性に注意しなければならないのですが、甲状腺ホルモンに関しては例外で、むしろ妊娠中に継続するほうがメリットがあり、正常な妊娠、胎児の成長のためには継続が必要がある薬ですので、自己判断で勝手に辞めないように注意しましょう。

主治医はデメリット、メリットを総合的に考えて一人ひとりに最適な薬を処方しています。心配なことがあれば何なりと主治医またはかかりつけ薬局の薬剤師さんまでご相談ください。


 

PAGETOP